ヒトの体にとても重要な栄養素-ビタミンC

”ビタミンCは重要”ってよく聞きますが、なぜだかご存知ですか?

ヒトは食物から栄養を摂取し、その栄養素を使って身体を作ったり、活動のためのエネルギーを作り出しています。その栄養素の中でビタミン類は身体の機能を調節して、身体のなかで起こるさまざまな化学反応を助ける役目があります。

ビタミンCについてはwikipediaのページには以下のように書かれています。

ビタミンC (vitamin C, VC) は、水溶性ビタミンの1種。化学的には Lアスコルビン酸をさす[3]。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている。食品に含まれるほか、ビタミンCを摂取するための補助食品もよく利用されている。WHO必須医薬品モデル・リスト収録品。

壊血病の予防・治療のほか[4]鉄分カルシウムなどミネラルの吸収促進(摂取しすぎると鉄過剰症の原因になることもあり、注意を要する)、傷の治癒にも利用される。

ビタミンCの重要な働きの一つとして知られているのはコラーゲンの合成です。コラーゲンは人間の皮膚や骨など、体の中に普遍的に存在しているタンパク質です。

実は人間の体はビタミンCを体内ではつくれません。そのため食物などから摂取しなければなりません。

ビタミンCが不足してコラーゲンの合成ができないと壊血病という恐ろしい病気になります。壊血病は大航海時代に長期航海に出ていた船乗りを襲った病気として知られ、当時は治療法が見つからず恐れられていました。船乗り達は現在でいう加工食品の干物や塩漬けの食べ物ばかり食べていたため、慢性的なビタミンC不足に陥りコラーゲンが作れずに、肌や粘膜、更には血管が傷つき多くの人が亡くなりました。

とても大切な栄養素であるビタミンCですが、ビタミンC不足は加工食品を食べる機会の多い現代人にも見られます。サプリメントなどでビタミンCを効率良く摂取するのは、健康維持にとても大切なのです。