日焼け止めを選ぶポイント

毎日暑いですね〜!!
お盆が明けてもまだまだ日差しは強く、紫外線量も多い日が続きます。
そこで今回は日焼け対策に役立つ情報として、UVA、UBVの基礎知識から、
日焼け止めの賢い選び方までどーんとご紹介♪
この機会にぜひ、今のライフスタイル&お出掛けスタイルに合う日焼け止め選びをマスターして、
今と未来の美肌を手に入れましょう!


そもそも紫外線とは?

太陽から地球に届く光は赤外線、紫外線、可視光線(目に見える光)に分けられます。
その中でも紫外線は、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。
地上に到達するのが「UVA」と「UVB」で、
「UVC」はオゾン層で吸収されてしまうため、地上には到達しません。
私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2つです。
種類によって性質が違うので、それぞれがもたらすダメージを知ることで、
日焼け止め選びの参考になります。

UVA と UVBの違いとは?


紫外線A波(UV-A)
地表に届く紫外線の95%を占めるのがUVA。
紫外線の中で最も波長が長く、
雲や家、車の窓ガラスも透過して肌に到達するため
「生活紫外線」とも呼ばれます。
私たちが衣服を着ていても、UVカット加工されていない衣服や、カット率の低い衣服は通り抜けてしまい、
UVAは皮膚の深部【真皮】にまで到達します。
急激な炎症は起こさないもののゆっくりと肌が黒くなり、
ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまいます。
そのため、UVAを浴びてしまうと、シミ、シワ、たるみなどの「光老化」を引き起こします。
つまり、UVAを浴びると、肌は弾力を失い、シワやたるみといった見た目年齢を大きく左右する肌悩みを引き起こしてしまうのです。

紫外線B波(UV-B)
全紫外線の5%を占めるのがUVB。
UVAより波長が短く、窓やガラスを通過できません。
屋外での日焼けの主な原因となるため
「レジャー紫外線」とも呼ばれます。
肌の表面で吸収されるため、皮膚の表皮にのみ影響を与え、
真皮まで到達することはほとんどありません。
ビタミンD合成をサポートしたり、殺菌作用があるのもUVBです。
しかしUVBはエネルギーが強く、たくさん浴びると皮膚細胞のDNAを傷つけ、
火傷のように赤く炎症を起こし(サンバーン)、
メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、
シミやソバカス、白内障や免疫力機能低下、皮膚ガンの原因になるとされています。
シミやそばかすの原因になるだけでなく角層の保湿力を低下させ、
肌のカサつきやキメの乱れなどの悪影響をもたらします。

このように、紫外線ダメージに負けず、健やかで美しい肌をキープするためには、
UVAからもUVBからも徹底的に肌を守ることが大切だということがよくわかります。

UVA、UVB対策の日焼け止め


UVA対策の日焼け止め
UVAは窓ガラスも通過するため、室内にいても日焼け止めを塗るようにしましょう。
UVA対策として日焼け止めを選ぶ時には、SPF値の横にある+(プラス)表記に注目します。
現在PAの値はPA+~PA++++(+4つ)までで表示されていて、
PAの後に続く+の数が多いほど効果が高くなります。

日常生活:PA+〜PA++
屋外でのレジャーや軽いスポーツ: PA++〜PA+++
炎天下でのレジャー、マレインスポーツ:PA+++〜PA++++
の日焼け止めを使用することをお勧めします。
汗や皮脂などで落ちてしまうので、こまめな塗り直しが鉄則です。

UVB対策の日焼け止め
UV-B対策としては、日焼け止めに表記されているSPF50などの「SPF値」に注目します。
SPFとは、紫外線B波(UV-B)の防止効果を表す目安の指数のこと。
数値が大きいほど防止効果が高くなります。
現在SPFは50までの値で表示されています。
日常生活、近所へ買い物程度:SPF15~20
長時間の外出、海や山など、紫外線を多く浴びる場所:SPF30以上
の数値の日焼け止めを使用することをお勧めします。
また、SPF値が高くても安心するのではなく、
できれば2-3時間毎のこまめな塗り直しが大切です。
日常生活の中で、例えば日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけでも
ある程度防御することができます。

SPF、PAとも、それぞれ数値が高いほど紫外線の防止効果を表していますが、
その分肌への負担となる場合もあるので(現在はかなり肌に優しい成分を使用するようになってきております)
数値の高さだけを基準にするのではなく、
生活にあった適切な日焼け止めを使用することをお勧めします。
同じ環境下でも、紫外線に対する反応はそれぞれの肌によって個人差があります。
なので、単純にSPFやPAの数字が高いものを塗っていればOKというわけではなく、
日常使いなのかアウトドアなのか、また紫外線の強さや
自分の肌タイプを確かめて選ぶことが大切です。

紫外線は夏だけのものではありません


紫外線は1年を通して肌に届きダメージを与えています。
冬の1月でもピークの月に比べてUVBでは5分の1、UVAでは2分の1存在し、
3月頃から増え始め、8月でピークを迎えます。
今は暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続くので油断は禁物。
思わぬ日やけをしないよう、紫外線ケアは一年中が基本です。